人生の転換期こそ

女性が仕事を続けることは、結婚や出産といった人生の転換期があるため、男性よりも大変だったり悩まなくてはならないことがたくさんあります。特に出産して子どもが生まれればそれまでの生活と一変してしまうので、まずはそれに慣れることから始めなくてはなりません。すべてが子ども中心の生活で、最初の1年間は夜も満足に寝ることが出来ないくらい大変だと思います。そんな状態で仕事に復帰することを考えるのが難しかったり、保育園の確保が出来なかったり、職場の子育てに対する理解や協力、支援が得られなかったりなど様々な理由で仕事を辞める人もいますが、現代では夫だけの収入だけでやっていける家庭というのも正直少なくなっています。出産や育児で一番ネックなのは、やはりお金です。出産費用、育児費用は思っている以上に掛かってくるものですから、出産育児一時金や育児休業給付金などを賢く利用するべきです。また、結婚や妊娠が分かった段階で、会社の育児休暇などの規定をしっかり確認しておきましょう。育児休暇関係で知っておきたい情報はこちら
女性の考え方も変わってきており、働いてキャリアを積みたい、と考える人も増えてきました。ですが年功序列制で勤続年数がモノを言い、さらには男性社会でもある日本では女性が働きやすいとは正直言えません。いくら優秀でも、結婚や出産でいなくなるかもしれない、と想定されて採用されているので、管理職のような会社で重要な役職につけないこともあったりします。理不尽な話ですが、男性より女性が会社を辞めることになるきっかけが多いのは事実ですし、そうなれば会社としてもリスクヘッジをしなくてはならないので結局男性が管理職になることが多いです。女性でも管理職につく人はいますが、ごくごく少数です。これから日本もどんどん国際化するでしょうから、こういった現状が少しでも改善されていけばいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です